メリノウールの特徴

Woolpower製品が扱っている「メリノウール」とは?

メリノウールという繊維の特徴についてご紹介します。メリノウールという天然素材を再現する合成化学繊維は現状、存在していません。その天然素材の秘密にフォーカスしていきます。

メリノウールの4つのポイント

  1. なめらかな肌触り
  2. 吸湿速乾性
  3. 保温性
  4. 抗菌防臭効果

1、なめらかな肌触り

ウール素材は、チクチクしてかゆいと感じるイメージをお持ちではないでしょうか?
そのウール素材がチクチクと感じてしまう理由としては、繊維の太さが大きく関係します。

従来のウール製品に使われている繊維の太さは30ミクロン程度といわれており、太くて粗いので肌に馴染まずチクチクとかゆく感じます。
しかし、Woolpowerが採用しているメリノウールはその従来のウール繊維とは異なり17~23ミクロンという細さの繊維なので、ソフトでなめらかな肌触りと感じるのです。

※1ミクロン=1/1000ミリメートル
<参考値>人の髪の毛の太さが50~100ミクロンといわれます。

sheep_illust

2、吸湿速乾性

メリノウールは、繊維自体に高い吸湿性を備えており、水分で濡れてしまっても繊維が水分を吸収してくれます。

そして水分を吸収してしまってもウール繊維は、水分を効率よく大気中に発散してくれます。
水分を身体から逃してくれるため、肌は常にサラッとしてドライな状態を保つことができます。

3、保温性

メリノウール素材の吸湿速乾性により、身体に触れる部分は常にサラッとドライに保てるので身体からの熱を奪いにくく体温を適温に保ちやすくなります。

またウール自体の繊維は縮れているので、空気を閉じ込めやすく、体温で温められた空気を溜め込んで保温効果を高めることができます。

sheep_body

4、抗菌防臭効果

メリノウールには天然の抗菌作用があります。不快なニオイの元はバクテリアの繁殖によるものですが、メリノウールには雑菌が付着しにくい性質があるためニオイが発生しにくいです。

また、メリノウール自体が他の繊維より悪臭を吸収して中和する力が強いので洗濯せずに何日着続けることができます。

sheep_double