ABOUT UPI

自然の中で、あたたかく生きる人々と共に。

株式会社アンプラージュインターナショナル(UPIとお呼びください)は、自然の中であたたかく生きる人々と共に歩むアウトドアライフ企業です。2010年の創業以来、北欧、アイルランド、北米をはじめとする海外アウトドアブランドの正規輸入代理店として、現在は20を超えるブランドと共に日々活動しています。


UPIが取り扱うブランドの多くは家族経営企業もしくは小規模企業であり、アウトドアライフに関する深い洞察と知識を有するブランドです。彼らからインスピレーションをうけ、彼らが持つ文化を学び、彼らと共に歩むことを、私達UPIは大切にしています。また、その時間の中で培ってきた知見と実績を生かし、日本のものづくりとアウトドアライフをつなぐプロダクトメーカーとしての活動も始まっています。


UPIがお客様に提供したい価値、それは人と自然に培われた叡智です。自然の中で、あたたかく生きる人々と共に。UPIは今までも、そしてこれからも歩んでいきます。

 

Keep you warm

Uneplage International Co., Ltd. (please call us UPI) is an outdoor and lifestyle company. Founded in 2010, we are an authorized importer of overseas outdoor brands from Northern Europe, Ireland, and North America. Currently, we are working with more than 20 brands.

Many of the brands we work with are family-owned or small businesses with deep insight and knowledge of the outdoors. We at UPI value being inspired by them, learning about their culture, and developing alongside them. In addition, by utilizing the knowledge we have learned while working with those partners we have begun to produce our own products, connecting Japanese manufacturing with outdoor activities.

UPI values sharing wisdom cultivated by people and nature with our customers and partners. We continue as we have for the past 10 years, moving forward together through nature; Keep you warm.

COMPANY INFORMATION

会社名
Company
株式会社アンプラージュインターナショナル
Uneplage International Co., Ltd.
所在地
Address
〒562-0035 大阪府箕面市船場東1-11-45
1-11-45 Senbahigashi, Minoh, Osaka, 562-0035
連絡先
Contact
(TEL)072-728-2781
(FAX)072-702-0071
(E-Mail)info@uneplage.net
(PR)press@uneplage.co.jp
(URL)https://upioutdoor.com/
代表取締役
President
本間光彦
Mitsuhiko Homma
資本金
Capital
10,000,000円
¥10,000,000
主要取引先
Clients
株式会社カンセキ(WILD-1)
株式会社好日山荘(Kojitusanso)
株式会社ベルカディア(mont-bell)
株式会社エンチョー(SWEN)
株式会社秀岳荘(Shugakuso)
株式会社ヴィクトリア(Victoria)
and more

UPI STORES五感で知り、学び、楽しむことのできる体験型の直営店です

BRANDS取扱ブランド

  • 創業130年を誇るスウェーデンを代表するナイフブランド
  • 職人のクラフトマンシップが息づくノルウェー生まれのナイフ
  • アメリカ最古のキャンバス地のレザーバッグブランド
  • 有害な病原菌を99.99999%除去するポータブル浄水器
  • 1865年創業アメリカの歴史が織り込まれたウールブランケット
  • Made in スウェーデンの高品質メリノウールウェアブランド
  • フィンランド北緯64度の町でうまれたハンティングウェア
  • フィンランド軍採用耐久性の高いバックパックやサウナテント
  • スウェーデンで生まれた機能的カトラリーブランド
  • アメリカ発・「着火」にフォーカスした美しく機能的なプロダクツ
  • デイブ・カンタベリー監修のブッシュクラフトギアブランド
  • アメリカ軍も採用、濡れても書けるオールウェザーノート
  • 皮革へのこだわりが詰まったプレミアムなアウトドアグローブ
  • スウェーデン発・ポケットに入る軽量コンパクトな手動式チェーンソー
  • アメリカ陸軍も使う強度の高いパラコード
  • アメリカ発・旅人のためのハンモックとトラベルギアブランド
  • ドイツ発、6面真空断熱プレミアムクーラーボックス
  • アメリカ発・高い燃焼効率を誇るネイチャーストーブ
  • マルチな熱源に対応するアメリカ生まれのスモーカー
  • スウェーデンの北極圏ラップランド生まれのフィールドコーヒーブランド
  • 北極圏・スカンジナビア発のアート&フライフィッシングブランド
  • スウェーデンの小さな小屋で女性職人が作るウッドカービング用アックス
  • 日本の職人が作る、焚火を楽しむためのこだわりの道具
  • スカンジナビアンスタイルのアウトドアクッキングブランド
  • スウェーデンの職人技が光るキャストアイアンアイテム
  • 自然燃料で素早く湯を沸かすエコでユニーク、唯一無二のケトル
  • スウェーデン生まれの環境にも人体にもクリーンなウォーターボトル
  • 日本一の手袋の産地・香川県生まれの高機能グローブメーカー
  • 日本を代表する砥石ブランド
  • グリーンウッドワークの材料やツールをあつかう専門ストア
  • スウェーデンの小さな村の木材で作られるウッドカービングキット
  • UPIが選ぶフィンランドのサウナプロダクツ
  • シンプルかつ機能美を兼ね備えたサウナアクセサリーブランド
  • フィンランド産100%天然素材サウナ用フレグランスバッグ
  • キャンプアイテムをDIYする金属製ウッドコネクター
  • UPIが生み出すオリジナルプロダクト
  • アウトドアライフを楽しみながら身につける防災技術

UPI FRIENDSUPIは「自然の中で、あたたかく生きる人々と共に」という想いに共鳴する数多くのエキスパートと活動をしています。

  • 五十嵐 大介(いがらし・だいすけ)

    漫画家。代表作に『魔女』(小学館)第8回文化庁メディア芸術祭優秀賞、『海獣の子供』(小学館)日本漫画家協会優秀賞、『リトル・フォレスト』(講談社)など。美しい風景描写や神話的なストーリーなど独自の世界観を持った漫画作品のほかに、絵本の執筆や書籍の装丁イラストなど多方面で活躍。現在『かまくらBAKE猫倶楽部』をBE・LOVE(講談社)に連載中。

  • Johan Burtus (ヨハン・バルタス)

    モーラナイフ(Morakniv AB)のCEO*。モーラナイフが本拠地を置くモーラ地方出身。本格的な市民ランナーであり、過去に10回以上フルマラソンを完走した経験を持つ。同時に週末は森や湖などで家族と過ごすことを大切にしている父親でもある。*2022年12月現在

  • Travis Avery (トラビス・エイヴリー)

    ソーヤー社のマーケティング・バイスプレジデント。創業者のカート・エイヴリーの息子であり、ソーヤーのスポークスマンとして、PRやコミュニティ・コミュニケーションを行なっている。

  • メタ・バラッツ

    スパイス商「アナン」三代目。1984年、鎌倉生まれ。南インド・ニルギリの高校を卒業し、スイスの大学へ進学。その後、スペインに留学して経営学と料理を学び、帰国。アナン株式会社にて新商品開発などに携わりながら、日本各地のスパイス巡業、つきいち料理教室、オンライン料理教室などを行っている。

  • 小野象平

    1985年愛知県常滑市に生まれる。幼少の頃から両親に連れられて東南アジア各地を旅する。会社員を経て20代後半で陶芸の道に入り、鯉江良二に師事した後、2014年、父である小野哲平氏に師事。独立後、高知県に工房を構える。2014年大阪・wadにて初個展。その後、CIBONE aoyama、鎌倉・うつわ祥見、台湾・小器藝廊などで展覧会を開催。

  • Mats Östling (マッツ・オスリング)

    モーラナイフ(Morakniv AB)のサプライチェーンマネージャー。長年、生産管理の責任者としてモーラナイフの品質を守ってきた。家族を常に第一に考え行動することをモットーとし、ムーラ市近郊の湖畔にある自宅は家族、親戚、友人が集まる拠点となっているそうだ。